採用スタッフ 心がけているのは
「共感」と「納得」

板敷 渉 WATARU ITASHIKI 南関東 営業開発部 人財採用チーム板敷 渉
WATARU ITASHIKI 南関東 営業開発部 人財採用チーム
社員インタビュー

これまでの経歴は?これまでの経歴は?

北海道出身の北海道育ち。イントラストに入社したくて、2016年に上京しました。ホテルマン、外車の営業、広告営業など幅広く経験してきました。

採用という仕事に興味を持ったきっかけは、ある人事担当者から聞いた「採用した人材の成長を見届ける喜びは、何ものにも代えがたい」という一言。「ならば自分もやってみたい」と思ったんです。

入社理由は?入社理由は?

求人サイトで見た「採用チームの新規立ち上げ」というフレーズにピンときて即応募。面接官は社長だったのですが、その人柄に魅かれ、「この会社に絶対入りたい」と思いました。その想いが伝わったのか、その日に内定が出たのです。

そこからは猛スピードの展開。1週間後には上京して初出社。同時に社長室付けになり、社長から採用実務をみっちり叩き込まれました。その甲斐もあり、わずか半年後には採用チームのリーダーに抜擢。今はメンバー5名のマネジメントを任せてもらっています。

社員インタビュー

現在のお仕事は?現在のお仕事は?

営業担当者から採用の依頼を受け、求人広告を出します。電話やネットでエントリーした応募者と、面接のアポイントを調整します。面接は1日平均10名くらい。一人あたり約1時間かけてしっかり面接します。

面接で重視しているのは、スキルよりも向上心です。「1年後、2年後、3年後のキャリアについて、どう考えているか」といった具体的な質問で確認します。「採用」が決まったら、入社当日までは採用チームが担当し、その後は現場へバトンタッチします。

仕事のやりがいは?仕事のやりがいは?

私が面談し、私の判断が合否を左右すること。他人の人生に与える影響を考えると少し怖いのですが、イントラストは「人を大事にする会社」なので、自信を持って採用しています。

一番難しいのは、面接に来てもらうこと。仮にエントリーがあっても100%来社するわけではなく、電話やメールで、「面接にぜひ行ってみよう」と思ってもらえるようなご案内を心がけています。

例えるなら、お客様を口説いているイメージ。採用の仕事とは、「応募者の方が入社したくなるように一生懸命アピールする、まるで営業のような仕事」だと最近つくづく感じています。

社員インタビュー

心がけていることは?心がけていることは?

「共感型」の採用です。しっかり共感と納得をした上で入社頂きたいと思います。だからこそ、良いことばかりではなく、現場の大変な部分も丁寧にお伝えすることが大切だと考えています。

応募者の立場や気持ちを思いやることは特に心がけています。不慣れな面接で緊張されているので、「どんな話や質問をすれば、相手の魅力や考えを上手く引き出せるだろうか?」。そればかりを考えています。

会社の良い点は?会社の良い点は?

「やったらやっただけ評価してくれる」ところ。全くの未経験だった私が、入社後わずか2ヶ月で主任になり、半年後には採用チームのリーダーを任されています。給料も入社時と比較するとかなり上がりました。後は、会社も社員も元気なところ。イントラストでは何よりも「元気」を大事にしています。

社員インタビュー

チャレンジしたいことは?チャレンジしたいことは?

これまで本社がカバーできなかったエリアで、採用チームの活動を軌道に乗せること。また近い将来、営業がもっと積極的に仕事を取って来られるような仕組みづくりに取り組んでみたいと思っています。

具体的には、月1回程度の採用会議を設けて、現場や営業とのコミュニケーションを密接にすることで、人材への要望を早期に把握して、早め早めに手を打っていきたいと思っています。

これから入社する方に一言これから入社する方に一言

例えば「今の職場ではきちんと評価されていない」「現状に満足していない」という方にとっては、最高の会社だと思います。私のように未経験でスキルがなくても、採用や人事という仕事に興味を持ち、やり抜く覚悟さえあれば道は開けるのです。だから「自分を変えたい!」と思っている人にこそ、ぜひ仲間に加わって欲しいと思います。