代表メッセージ代表メッセージ一番大切なのはいつもその想いは決して変わらない一番大切なのはいつも
その想いは決して変わらない

イントラストが生まれて早10年以上。その間、たくさんのスタッフやお客様に支えられ、会社は大きく成長しました。しかし、どれだけ規模が大きくなっても、どれだけ時が経っても、決して変わらないものがあります。

それは「一番大切なのは人」という想いです。青臭いかもしれませんが、理想論を語っているわけではありません。紆余曲折、いろいろな経験を通してたどり着いたひとつの答えなのです。

「人は二の次」 その結果、私を待っていたもの「人は二の次」
その結果、私を待っていたもの

20代の頃、社員10名程度の小さな会社を経営していました。恥を忍んで申し上げると、今とは真逆の考え方でした。完全フルコミッションで、成績が良ければ給与で報いる。一方で売れない者には居場所がない。どんどん人が入っては大量に辞める、この繰り返しでした。

そんなある日、ふと思ったのです。「自分は一体何をしているんだ?本当にやりたかったのはこれだったのか?」。突然、まったくやる気が起こらなくなりました。

儲けることは大事ですが、一緒に働く仲間が幸せでなければ、事業をやる意味がない。心の底から反省しました。結局、周囲の猛反対を押切り、その会社は清算しました。それからは「そもそも自分は何を成すべきなのか?」と、自問自答の日々を過ごしていました。

心機一転丸裸で飛び込んだ物流業界心機一転
丸裸で飛び込んだ物流業界

「あれこれ考えていてもしょうがない。何でも良いからやってみよう」。たまたま目にした求人広告がきっかけで、物流業界に飛び込みました。

ところが初めての現場で、私は唖然としました。人件費を削り、コストダウンを追求した結果でしょうか、目にしたのは、挨拶も返事もなく、士気の下がりきった現場でした。相次いでミスが起こり、怒声が飛び交っていました。人が一人、また一人と辞めていきました。その雰囲気は、かつて私が作った会社にそっくりでした。

「これも何かの縁かもしれない。だったら自分がこの業界を変えてみせる」。私が取り組むべき事業が決まりました。それが「物流業界に特化したアウトソーシング事業」でした。

明るい元気な声が飛び交う現場。スタッフ全員が士気を高め、成長できるしくみ。現場のみんながもっと輝けるステージを提供したい。「人の力で物流現場を変えてみせる」。無謀にもひとりのスタッフがこんなことを考えていたのです。

「実現するのはずっと後かもしれない。でも人生を賭けて取り組むに値する仕事だ」。そんな使命を背負って生まれた会社が「イントラスト」なのです。

人の力で物流現場は変わる この事実を物流業界に浸透させたい

人の力で物流現場は変わるこの事実を物流業界に浸透させたい人の力で物流現場は変わる
この事実を物流業界に浸透させたい

早速、物流の現場をつぶさに調べると、たくさんの課題が見えてきました。致命的だったのは、現場での「コミュニケーションの欠如」です。これが、みんなの士気を下げ、生産性を低下させる大きな原因でした。

そこで手始めに実践したのが「元気な挨拶」です。「そんなことで現場が変わるわけがない」という声が大半でしたが、自ら率先して愚直に取り組みました。すると、すぐに変化が現れました。

スタッフ間にコミュニケーションが生まれ、笑顔が少しずつ戻り始めました。休憩時間には笑い声も聞こえるようになりました。仕事終わりに飲みに行くことも増え、現場の雰囲気も明るくなっていきました。

しかし、「仕事が早く正確なスタッフ」と「仕事が遅くミスの多いスタッフ」など、スキルのバラツキは解消できませんでした。そこで、「ミスの多いスタッフ」には、手本を見せて丁寧に教えてみました。すると見違えるほど仕事が早く正確になったのです。そうです。「仕事のやり方がわからなかった」ことが原因だったのです。きちんと指導さえすれば、誰でも成長できることがわかったのです。

こんな些細なことの積み重ねでしたが、現場の生産性は大きく改善していきました。「ひょっとしたら、イントラストの言っていることは正しいのかもしれない」。お客様の評価が少しずつ変わっていくのをみんなが感じていました。

負のスパイラルに終止符業界の「構造的な問題」を治していく負のスパイラルに終止符
業界の「構造的な問題」を治していく

常にコスト競争にさらされている物流業界ですから、「人件費はできるだけ抑えたい」という考えは、ある程度致し方ないのかもしれません。とはいえ、この考えそのものが、優秀な人材の獲得を阻害し、慢性的な人手不足に拍車をかけているのが実態です。

適切な人件費まで削ってしまうと、十分な教育が行えません。教育がおざなりになれば仕事の習熟度が下がるためミスが増えます。すると現場の士気は下がり、離職率は上がる一方です。こうなると人材の流出に歯止めがかからず、さらに現場が疲弊します。そう、完全に「負のスパイラル」に陥っていくのです。

この問題に終止符を打つためには、物流業界の常識や構造を変えるしかありません。ならば私たちイントラストが先頭に立ち、これらの課題を解決したい、そう本気で考えているのです。

活躍する人材を育てる3つの取り組み

活躍する人材を育てる3つの取り組み活躍する人材を育てる3つの取り組み

この問題の解決に向けた、イントラストの取り組みの一つが「しっかり学べる環境づくり」です。古い業界にありがちな「俺の背中を見て覚えろ」的な考え方を私たちは否定します。ろくに教えないのに、ちょっとのミスで怒鳴られる。これで人が育つわけがありません。したがって「丁寧に教える」ことを徹底し、あなたの長所を伸ばすことを意識して指導します。

まずあなたは教わったことを恐れずやってみてください。きっと最初は失敗しますが大丈夫。その代り「なぜできなかったのか?」をじっくり考えてみてください。教わる→やってみる→反省する→また教わる。この繰り返しでしか人は育たない、そう確信しています。

二つ目の取り組みは、「ひとり一人に寄り添う配属」です。一般的には「まず仕事があって、その仕事に適した人材を探す」のが当たり前です。ところが私たちは真逆です。「まずあなたがいて、あなたに適した仕事を探して配属する」という考えが社内に浸透しています。

だから私たちは、あなたの希望をしっかり聞くことから始めます。物流業界には様々な仕事があり、必ずあなたに適した仕事があるからです。そして、この方法があなたのキャリアや人生にとって、あるいは会社の成長にとって、もっと言えばこれからの物流業界にとっても、一番良いのではないか?そう確信しているのです。

三つ目は「待遇面の充実」です。私たちは「スタッフを正しく評価し、その評価に見合った待遇をする」ことに喜びを感じ、大変な力を注いでいます。スタッフのがんばりや成長をきちんと評価し、適正な給与を支払うことで、本人のヤル気が生まれます。当然、離職率も下がります。結果として、場当たり的な欠員補充型の採用ではなく、より良い出会いの創出に資源を集中できるのです。

会社はあなたの応援団会社はあなたの応援団

イントラストにジョインしたからには「成長」して欲しいし、「成功」して欲しいと思います。だから、まずあなた自身が「成長したい」と願う気持ちが大切です。毎日ステージに上るのはあなたであって、会社じゃない。会社はあくまであなたの応援団です。会社をうまく利用してあなたの実力を伸ばして欲しいのです。

あなたが一生懸命に学び、実践し、人間力を磨いていけば、必ず周りから評価されます。評価されれば待遇も良くなります。しかもどんどん挑戦できるので成長スピードも速いはずです。3年後、いや来年かもしれない。あなたならきっと成長しているはずです。

「でもどうすれば成長できるかわからない」と思う方も安心してください。あなたの成長を手助けするのが会社の役割です。あなたの人生を実りある良いものにするために、会社は全力であなたをサポートします。私の人生を賭けてお約束します。

株式会社イントラスト株式会社イントラスト

代表取締役 對比地 伸一代表取締役 對比地 伸一