代表挨拶

今のままでは「物流」が崩壊する。
この危機感を皆様と共有し、変革したい。

もともと「人材採用が難しい」と言われた物流業界。日本全体が「少子高齢化」という未曾有の危機に直面している今、特にサービス業を中心に「超人手不足」時代が訪れています。「このまま手を打たなければ、近い将来、物流そのものが成り立たなくなる・・・」、そんな危機感をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そんな状況においても、私たちイントラストでは「アウトソーシング事業」や「ヒューマンリソース事業」において数多くの優秀な人材を物流現場へ提供してきました。単に人手不足を解消するだけではなく、優秀な人材を現場に投入することで、生産性そのものを改善する私たちの姿勢が評価され、おかげさまで業績も順調に伸びております。

では「人が採れない」と言われる物流業界で、なぜ私たちがこれほどたくさん優秀な人材を確保し、送り出すことが可能なのか?その答えは「人を採るしくみ」と「人の育成」にありました。

「物流」はもっと「人が集まる」業界になれる。
そのヒントは「働く人の未来を大切にする」こと。

私たちが日々出会う応募者の大半は、様々な不安を抱えています。そこで、私たちは働くスタッフの視点に立って全てを見直すことから始めました。

「どれくらいの期間、雇用が保証されるのか?」
「給料はきちんと上がるのか?」
「正社員になれるのか?」
「キャリアアップはできるのか?」
「自分の能力に見合う仕事があるのか?」

それらをひとつずつ取り除いていきました。

まず1つ目はコンプライアンスの強化。労務管理を徹底し、現場のスタッフが安心して働ける環境をお客様と2人3脚で築いてきました。2つ目は適正な報酬と評価。能力や技術を高め、生産性の高い仕事をすれば、正しく評価され適正な報酬を得られる、しかも成長に応じて上がっていく仕組みを作りました。

3つ目はキャリアアップへの支援。向上心ある人材にはフォークリフトなどの資格援助を積極的に行っています。4つ目は教育と訓練。フォーク免許を持ち、さまざまなタイプの物流現場を実際に経験してきたスタッフが、採用・教育すべてに関わりますので、より実践的な教育を行うことが可能です。

最後の5つ目。それは正社員としての雇用。不安定な非正規雇用ではなく、社員として迎え、その能力を最大限に発揮できる環境を用意しました。

時期によって人材の需給ギャップが激しい物流業界において、「正規雇用は大きなリスク」という業界の常識をあえて破ることで、高いポテンシャルを持った魅力溢れる人材が安定して集まる仕組みができたのです。

この5つに共通するコンセプト。それが「働く人の未来を大切にする」です。これこそが、私たちの事業の本質であり、その実行力においては他の追随を許さない、との自負を持っています。

出会った人材に「どんな仕事を用意するか?」
この発想なくして、物流業界は生き残れない。

これまでの一般的な人材系会社の考え方は「企業の要望に合った人材を探しだす」ことが仕事の全てであり、常識でした。しかし少子化が進む日本、とりわけ人材採用が難しい物流業界においては、この考え方自体がすでに破たんしていることにお気づきでしょうか。

実際に紹介会社や大手採用メディアを使っても、希望通りの人材が応募してくることはほぼ皆無です。派遣会社にオーダーを出してもそれは同じでしょう。

ではどうするか?私たちは全く逆の視点からこのテーマに取り組んでいます。
それが「出会った人の適性に合わせて、仕事や現場を探す」という考え方です。

応募者の中には、コミュニケーションは苦手だけど、単調な仕事を長時間続けても全く苦にならないというタイプがいます。これまでなら採用もマッチングもされることもなかった人材です。しかし物流現場では「会話も笑顔もいらない。同じ作業を早く正確にやって欲しい」が歓迎される業務もあるわけです。

また1人の人材にあれもこれも期待するから、使う側にも使われる側にも不満が出ます。しかし本人の適性を見抜き、得意な仕事を1つだけ絞り込んでやらせてみると、周りが驚くほど高い生産性を上げることがあります。仕事を楽しめる環境を提供し、正しく評価して報いれば、さらに成長し続けます。結果的にお客様の利益に直結するのです。

このように私たちは「目の前の応募者は何ができるのか?何がしたいのか?何をさせるべきか?」を自ら問い続け、一番適した仕事や現場を探し出します。なければ作り出してしまうこともあります。当社のスタッフはモチベーションが高く、業界の平均と比較して離職率が低いのは、このあたりに理由があるのかもしれません。

「おたくのメンバーはみんなイキイキしているね」。
これが多くのお客様から頂く評価です。

私たちの夢。
この仕組みを全国に広げ、業界を良くしたい。

人と出会い、採用し、教育し、より成長させる仕組みはほぼ出来上がりました。私たちの次の戦略は、この仕組みを横展開すること。現在は首都圏に限定してご提供している物流業界向けの「アウトソーシング」「ヒューマンリソース」サービスを日本全国のお客様にご利用いただけるよう、現在準備を進めています。

特に私たちが設立当初から手掛けている「フォークリフトオペレーター」の派遣やアウトソーシング。首都圏でトップシェアを誇るこのサービスにおいて日本一を目指し、より多くのお客様に喜んでいただきたいと考えています。

さらに近い将来、業界全体として取組むべき課題に「外国人・高齢者の活用」があります

これからもたくさんの元気な出会いを。

私たちが手掛けてきたビジネスは、実はひょんなことから始まったケースが大半です。共通する背景はすべて「元気な出会い」。振り返ってみると、その時々で出会った人の経験、技術、人脈から発展して事業化したものばかりです。「そんなことやってきたんだ。面白いね!じゃあ一緒にやってみようよ」。その根本は「出会った人に適した仕事を作り出す」ことに他なりません。

このスピリッツこそがまさに私たちの強みであり、いわゆる一般的な派遣会社やアウトソーシング会社と大きく異なる点です。多様な出会いにより多様な技術を持った人が当社に集まる。だから業界の常識にとらわれず多様な展開ができる。

今後、私たちの事業や規模がどんなに変わったとしても、このスピリッツが変わることはないでしょう。そしてお客様と私たちが新たに出会い、この業界に新しい流れを創出できる日を楽しみにしています。